Amazon Prime Musicのある生活@2018

夕食時に音楽流すかと思ってPrimeMusicでディナー向けっぽいプレイリストを再生すると、なぜかラブロマンス系の海外映画の一番盛り上がるシーンで流れそうな壮大な音楽が流れてくる。

アリアナ・グランデとかセリーヌ・ディオンとかマライア・キャリーとか。「タイタニックのあのシーンで流れてる曲みたいな」といえばわかりやすいかもしれない。

ここが劇中で一番のサビです!みたいな雰囲気になって部屋のスケール感が異常にデカくなる。でもここはそういった曲が合う空間ではなく、いつも暮らしているただのワンルームの部屋なので、音楽の派手さに場違い感を感じながら食事をすることができる。

そういうわけで壮大な音楽が流れるなか、平凡なつくりおきのカレーを食べたのが先日のできごとです。

Spotifyのある生活@2018

Spotifyで雑に音楽を流していると知らぬ間にダウナーな音楽ばかりが流れるプレイリストに漂着してしまったりする。

なんだかテンション上がらないな〜、とか、なんだか気分が乗らないな〜って思うと、だいたいSpotifyが気分が下がり続ける音楽を無限に流している。

水辺の音とともに仏具のリンのような「チーン」という音が一定周期で鳴るだけの音楽とか前衛音楽とかがじわじわ部屋に流れてきてじわじわテンションが下げられる体験は現代ならではだと思う。数年前までは自分の興味のない音楽が無限に自分の空間に入り込んでくるなんてことはありえなかった。

人類史上で初の体験ができていると考えるとちょっとはテンションが上がるかもしれない。

胃もたれの様子

f:id:hitonatsu:20180515115846j:plain

コンビニでチョココロネとシュークリーム買ってきて食べたところ胃もたれがすごくて、こんなはずでは…となっている。

どっちも中にクリームが入っているのでよく考えるとクリームだらけだった。よく考えなくてもわかるはずなのだけど食べ終えるまで気づかなかった、こんなことにも気づけないなんて。普通に考えてわかると思う、でも自分は食べ終えるまで「チョココロネとシュークリームだね〜」としか思っていなかった。いったいどういうことなのか?考える力が欠損してしまっている。

それはそうと昔はこの程度では胃もたれしていなかった気がする。胃も心も弱っているということがよくわかる。

胃も心も回復する方法を募集しています。

乾電池の謎

部屋でなんかカタカタ音がすると思ったら掛け時計の電池が切れかけて秒針が止まっていた。

壁から時計を外して電池を抜いて、そして抜いたばかりの電池をダメ元でもう1回挿してみるとまた動きだした。

乾電池は不思議で、「電池切れたな」と思って1回外して再度入れてみるとなぜかまた使えるようになる事が非常に多い。

掛け時計の電池は正直もう5回くらい

  • 「止まってるな」
    • 「外して再度挿す」
      • 「まだ普通に動くじゃん」

を繰り返している。

テレビのリモコンの電池やエアコンのリモコンの電池も同様に、

  • 「反応しにくくなったなー」
    • 「外して左右入れ替えてみる」
      • 「反応するじゃん」

を繰り返して生活している。