ヒトナツログ

移住しました。京都にいる。

グミ

f:id:hitonatsu:20171019194807j:plain
カッチェス サワーブラックカラント

先日友人宅でHARIBO食べてからというものグミが食べたくて仕方がなくなってしまい普段グミはあまり買わないものの無意識に近所の輸入食品店に行って買ってしまっていた。

HARIBOももちろん売っていたけど、あまのじゃくな自分は売り場を目の前にした途端なんか違うやつを食べてみたくなってしまって、結果カッチェスを選んでしまっていた。

カッチェスのこれはじめて食べたけど純粋においしくてよかった。雑な海外のお菓子にありがちな異常な味とか異常な甘さがしたりしなくてよい。331円だったけど200g入ってて案外量がある。2,3粒くらいでなんだか満足するので結構コスパよさそう。ブラックカラントはサンザシとかカシスとかそれ系の果実で、甘酸っぱさと強い香りがする。カッチェスのこれは結構すっぱくて、駄菓子の"すっぱいぶどうにご用心"(1/3どれかが酸っぱいガムのやつ)のハズレ(当たり?)くらいの酸っぱさがある。自分は酸っぱいの好きなので200g分好きなだけ酸っぱいやつを引いているみたいな代替体験ができて最高。ちなみにグミ自体はピュレグミにそっくりで、ザラザラつぶつぶした砂糖が表面にまぶされているタイプ。食感・弾力も似ている気がする。


カンロ ピュレグミ グレープ 56g×6袋

カンロ ピュレグミ グレープ 56g×6袋

明治チューインガム すっぱいぶどうにご用心 3個×20袋

明治チューインガム すっぱいぶどうにご用心 3個×20袋

止まったり変わったりズレたりしている

f:id:hitonatsu:20171017134545j:plain
横になったときの景色です

コンクリ打ちっぱなしの部屋に住んでいるので横になって天井を見上げると無機質が襲ってくる。

かれこれ6年半ほど住んでいるけれど、これは引っ越してきた日からほぼ毎日みている景色でもある。6年半ずっと変わらない景色と考えると、ここだけ時間が止まっているような気がしてくる。時間が止まった部屋で過ごす自分に6年半の日にちに見合う成長はあったのかと考えると嘆かわしい気分になる。2011年、あの頃の自分が今の自分を見たとしたらどのように感じるだろうか。

以前にも引っ越したいと書いた気がするけど、結局は引っ越せていない。タイミングと引っ越し先が全然見当たらないのだ。自分はどこへ行けばよいのか。今のこの部屋はいい部屋だけれど不満はあるし、なんとなくどこか自分と合っているような合っていないような……そんな感覚がある。いや、もしかすると6年半のあいだに自分も部屋も案外変わってしまったのかもしれない。時間が止まったような部屋で過ごしていても互いに色々と変化しているのかもしれない。人間は難しいもので、対象と出会った時は合っていても時と共にすれ違ったり合わなくなったりするものである。

「そろそろ潮時かもね」なんて声がするような気がした。


先週からまるで梅雨どきかのように曇りと雨が続いているからかどうにも湿っぽい気持ちになる。

はやく晴れた気分になりたい。

地図も携帯も持たぬ者

散歩してたら自転車に乗った外国人男性が僕を追い抜きざまに突然ブレーキをかけ道を聞いてきた。大抵の場合こういう道を聞かれる場面では随分と現在地から目的地までが遠いパターンか、あるいは今まったくの逆方向に行こうとしていたかのパターンである。案の定、まったく逆方向に今走ってきているパターンだった。

「△△カフェに行きたいんです、◯◯交差点はどっち?なんとかっていう通りの公園のすぐ前……、すみませんモバイル持ってないので」という。わりと日本語が喋れる方だったので僕のiPhoneでGoogleMapを開いてあげて一緒に見ながら道案内もほぼ日本語で済ませられた。だいたい道をわかってもらえたところ「ありがとうございます助かりました」と言ってビュンと走っていった。

「無事にたどり着けるといいな、すこし距離もあるしまた誰かに聞いて軌道修正することになるかな…?」などと考えながら散歩を再開させた。そして僕は数十秒前まではなんとも思わなかったのに時間差で途端になにかが引っかかるような不思議な気持ちになった。というのも彼は地図も携帯も持っていなかったからだ。観光にしてはレンタルっぽくない自転車に乗っていたし、観光客にしては日本語が達者すぎた。留学経験があるか、仕事で日本語を使うか、頻繁に出張に日本へ来ているか、あるいは奥さんが日本人か……とにかく一般的な観光客よりも日本に近しい者という雰囲気があった。GoogleMapを見て道の通り名(大きい筋の道ではない)を知っていたので、行こうとしていたカフェもおそらくどこかで一度地図を見たのだろう。雑誌かインターネット…雑誌なら出かける時に持ってくる可能性が高いからインターネットか、ならスマホ持ってないのでデスクトップPC…宿泊先のラウンジにある共用PCで見たか。

彼とカフェを結ぶ情報は多少推測はできるが正直それはどうでもよくて、それよりもなにか引っかかる気持ちになった理由の根底にあるものが『異国の地で地図も携帯も持たずに行動するという行為』であることだ。自分に置き換えて考えるとどうにも不安で仕方がない。自分が多少その地の言語を喋れたとしても他国へ行って地図も携帯も持たずに行動するのは限りなく恐ろしいことのように思う。もちろん見知らぬ土地を五感で歩くという楽しさは比類がないほど増大するだろうけれど、それにしたって単純にリスクが高いことのようにも思う。自国(日本)で過ごしていてもスマホが無いと僕たちは不安になるし、国内の観光地に行ってもスマホ・地図・観光ガイド・カーナビなどどれかがないと全く動くことができない。それを異国の地でやってのけるというのはずいぶんとチャレンジャーであり好奇心旺盛でそしてとても度胸がありなんとも楽しそうで得も言われぬうらやましさを感じてしまう。ひとことで評すると『どこかかっこいい』という表現が適当なのかもしれない。


このできごとは、思いもよらずなにか自分とは大きく異なる線が一瞬だけ交わったかのようなできごとだったようになんとなく感じる。普段は決して交わらないものがふとしたバランスの歪みによって交わってしまったかのような妙な感覚があった。世界はあまりにも複雑な条件で成り立っているし、多様に生きられるものでもあるし、複数の単純な違いが折り重なって存在しているものでもある。不思議な交わりが極稀に起こるとなんとなく非日常な感じがして楽しくもある。

Atomのスクロール速度

先日せっかくプラグイン作るためにVS Codeインストールしたのだから使ってみるかと思って設定いじりまくっていて、乗り換え検討をしている。Atomとどっちが使いやすそうか、Atomのウーム…なところをカバーできるのかみたいなのを体感するしかないのでVS Code触ってプラグインとか設定をAtomに寄せている。

それで両方のエディタを触っているとVS Codeは圧倒的にスクロールの速度が軽くてスイスイとスクロールできることに気付いた。Atomのスクロールはめっちゃ重くて不快感がすごいと思うようになってしまった。「こんなに重いのはおかしすぎる」と思ってプラグインがアホみたいにスクロールイベント検知してなんかやってるのかと思ったけど結果的には違くて、単純に標準の設定にスクロールスピードがあって、それが遅すぎるという話だった。

(Atomの)設定/エディタ設定

にいくとスクロール速度という項目があってデフォルトが40になっている。

f:id:hitonatsu:20171011012722p:plain

とりあえず100にしてみたところVS Codeと同じくらいになって快適になって助かった。

追記:その後厳密にVS Codeと比べた結果190にした


ずっと使っていると別に不快でもなんでもなかったのに別文化を知ると不快になったりするので、知らないなら知らないなりに人間なんとかなるものなのだけどなぁという気持ちになる。田舎から都会に出ると田舎の更なる不便さに気づく、みたいな話かもしれない。高級チェアを買うとニトリの椅子が厳しすぎるという話でもある。はたしてどちらがいいのか、幸福とは、人生とは、という気持ちになる。

2017-10-10の夢

夢、芸人になっててドキュメンタルに参加させられていた。場所はセットじゃなくて大きい建売一軒家だった。笑わせる方法が見当たらなくて為す術がなく顔は真っ青になりひたすらリビングでテレビを見るしかないという状況で過ごしていた。

為す術がなさすぎて他人のボケで笑う余裕もなく、気づくと自分は何もしていないけどだんだん参加者が脱落していっていて人数が少なくなっていた。どんどん体調が悪くなって、個室にベッドがある設定だったので普通に横になってぐったりしていたら寝落ちして、起きたら現実だった。

現実でも起きたら妙にぐったりしていた。芸人には向いていなさそうというのがわかる。

VS CodeでHTMLの<br>タグを[shift+enter]で入力するエクステンション作った

またゴミを作ったのでお知らせです。

f:id:hitonatsu:20171006182342p:plain

marketplace.visualstudio.com

なにする拡張機能かというと、単純にHTMLの<br>タグをショートカット入力するためのキーマップエクステンションです。

f:id:hitonatsu:20171006230924g:plain
とにかく<br>タグをすばやく打てる

どういうことなのか?

ようするに我々にはDreamweaverに実装されているshift+enter<br>タグを入力するという古来より受け継がれしショートカットキーを入力したくなることがまれにある。が、いまは2017年。どうやらhtmlで<br>を書くという場面はもうほとんどないのか最近の別種エディタでは実装などされていない。ちまちま<br>と打つのはもちろんコピペするのも数が多いと地味に苦行で、こういったストレスの積み重ねによって我々の精神はじわじわと擦り切らされるのでなんとかしてshift+enterで乗り切っていく必要がある。

qiita.com

ここにあるようにキーマップコンフィグと起動スクリプトの実装がユーザーに解放されているのでコンフィグをシュッと書けばDreamweaverライクなショートカットで<br>タグを打てるようになる。

  • VS Codeの場合

ショートカットキーの編集は解放されているが「<br>タグを現在のカーソル位置に挿入する」というイベント自体がない。Atomでいう起動スクリプトがすぐ触れる部分に解放されていない。のでユーザー側で簡単に設定できない。
そういうわけなのでこういうキーマップエクステンションが必要。

インストール

  • marketplaceに公開済みなのでシュッとインストールできます

marketplace.visualstudio.com

もしくはVS Code上の拡張機能検索窓で『insert br』とかで検索すると出ると思います。

使いかた

Dreamweaverリスペクトなので

shift + enter

で無限に<br>打てます。

所感

また嘘みたいな本当のはなし

実のところこのプラグインを作るためにVS Codeをインストールした。僕はVS CodeユーザーじゃなくてAtomユーザーである。

じゃあなんでこんなものを作って公開してこうして書いているのかというと知人が困っていたからで、そんな単純なショートカットくらい設定できるでしょと思って調べてたらどうにも現状ではプラグインでなんとかするしかなさそうだったので勢いで作った。

悲しいことに2017年も終わりに近づいているというのに未だhtmlにひたすら<br>タグを打つ場面のある現場が現存しているという怪奇話があります(いったいどこの話なんでしょうね?)。

Markdownとかでも使って欲しい

Markdownで改行したいときに地味に<br>打ったりすると思うのでVS Codeユーザーにはぜひ使って欲しい。VS Codeで書いてWYSIWYGに貼り付けるような作業をやらざるを得ない人も世界のどこかには少なからずいそうなのでぜひ。

こちらからは以上です

ところでVisual Studio Codeは

どれが正解なのかわからない。この日記書くのも困った。とりあえずVS Codeで書いた。Slackで会話するときもいつもどう書けばいいのかわからないので雰囲気で書いている。正式な書き方を知りたい。

とにもかくにもVS Codeユーザーで<br>タグ困ってたり<br>タグ問題があるからVS Code導入してなかったひとは導入してみてください!! あとエクステンション名は『Insert <br> Tag』です、シェアしてください!!!!


目的がない

目的があるから目的地ができてそこが行き先になるわけなので、目的がないのに行き先を決めるのはムリだという話がある。

動きたければ行き先を決める、つまり目的地を決めねばならないのだけれど具体的な理由を伴う目的などない。

目的がある人をたまに見かけるけどどうやって目的をみつけているのか、どうやって目的を目的として保ち続けているのかが正直自分にサッパリわからないのでかれこれずっとうらやましく思っている。


秋になって肌寒くなったのでうらやましくも同時にさみしい気持ちにもなる。