ヒトナツログ

まだ京都にいる。

ブルックリン・ナイン-ナインみた

端的にいうとめちゃくちゃ面白いのでみなさんもみましょう。Netflixで見れる。合言葉は99分署!

id:mazcoさんのこの日記を読んだことから知って、面白そうだったからみたのだけどここ最近で一番面白くて最高によかった。

mazco.hatenablog.jp

面白くて僕も困っている。毎日ちまちま見てすぐシーズン3まで完走してしまった。今はとにかくはやくシーズン4が見たいのでウズウズしている。はやく日本にもシーズン4来てくれ…。

ブルックリン・ナインナインは海外ドラマでとにかく面白い作品。ジャンルとしてはシチュエーションコメディ(シットコム)で、警察の分署を舞台に事件や日常と登場人物のかけあいがひたすら行われる、というやつ。

海外ドラマ特有のあちらのスラングとかを使ったボケもたま~にあるけどそんなに頻出しないので日本人でも置いていかれることが少なくて非常に見やすい。

作中キャラ:『まるで○○みたいじゃないか!』

ガヤ音声:\ドッ、ワハハ/ (ここ笑うところです)

我々:「えっ今のとこ笑うとこ…?なにがおもしろいのかわからん…」(置いてけぼり感)

みたいなことが少なくてよい。このようなシットコムにありがちなガヤ音声自体がブルックリンナインナインにはないので、万が一スラングで笑いそこねてもそんなにダメージは大きくなくて穏やかに見続けられる。

コメディなのでシリアスさはなくて、分署の中でハロウィンだからといって署内で企画遊びして怒られたり、ハプニングが起こったり、長年追い続けている犯人とひと悶着あったり、なにかと署長にやらかしたり、ものを賭けて争ったり天井裏に上りがちだったり、なにかとガラスが割れたり、ハイタッチしたりする。

これだけ読むと「本当に警察の話なのか?」と思うだろうけど、これは警察の話です。

キャラが濃い

  • ペラルタ
    • いたずら好きで仕事ができる小学生頭の主人公
  • エイミー
    • 負けず嫌いがんばり屋だけど裏目に出がち
  • チャールズ
    • 一見冴えないこだわり屋で料理にうるさい
  • テリー
    • 臆病でトラウマ持ちのヨーグルトが好きな巡査部長
  • ローザ
    • 謎が多く怒っても笑っても恐いクールビューティー
  • ジーナ
    • 立ち回りが優秀な毒舌事務員
  • ホルト
    • 笑わないカタブツな印象の署長
  • スカリー・ヒッチコック
    • セコくてズルくてサボりがちな窓際族

これは個人の主観によるキャラ印象です

メインキャラはこういうメンツで構成されていて個性豊か(警察です)。この他にもサブキャラたちが結構いる。

どのキャラも個性が強くて全員最高なのだけど、とくに誰が1番お気に入りになるかは人によって分かれるところだと思う。

僕は巡査部長(テリー・クルーズ演)が1番好きでとにかくゲラゲラ笑っていた。テリークルーズは日本だとオールドスパイスの狂ったCMで有名なのでみたことある人も案外多いかもしれない。
夜中にレストランへ行って病的に開けろといってガラスを割るシーンとかおもちゃを組み立てるシーンとかお義兄さんとの家での臆病なやりとりが好き。

この調子である


ブルックリンナインナインの面々はみんなイタズラ好きばかりなので各キャラのイタズラのやりかたに特に個性が出てくる。

ペラルタはもちろん主人公なのでとにかくイタズラしまくるし、たまにある署長の反撃イタズラとかスカリー・ヒッチコックのクリティカルなイタズラとかもよい。エイミーのドヤ顔のイタズラが災難を招くのはもはや定番で最高。

とにかく全キャラ濃いので、見たら絶対に1人はお気に入りのキャラができると思う。

日本語吹き替えがおすすめ

日本語吹き替え+日本語字幕をメインにして見た。基本的にこの組み合わせで見るのがおすすめ。実は日本語字幕が微妙で、僕は英語できないけどそれでも「その訳し方だとニュアンスが…」みたいなのが多かった。

ジャンルがシットコムなので基本的にセリフが多い。となると翻訳されるときにニュアンスを圧縮したり画面幅に収まる単語に差し替えられたりしがち。これは仕方ないことではあるのだけどネイティブ音声+日本語字幕だとあまりにも情報が歪みが激しい気がした。

とはいえ英語はわからないから日本語の情報は必要で、となると日本語吹き替え+日本語字幕で見るのがベストだった。

派手なボケやリアクションがあるシーンでは「今のとこネイティブだとどういう演技なのかな」と思ったりして、たまにネイテイブ音声に切り変えたりして見ていた。

「日本の声優さんの演技だとこうだけど本人はこういう声のトーンでこのリアクションなのか〜」というような鑑賞ができて2度おもしろい。

実はストーリーは動いている

コメディなので毎話毎話ただ面白いことをやって1話ごとに完結しているように見えるけど実は少しずつストーリーは動いている。なので一見すると穴あけで見ても問題なさそうな作品ではあるのだけど、実際は毎話見ていかないとストーリーがわからなくなる。

ネタバレはよくないので詳しくは書けないけどなんだかんだでチャールズは回を追うごとに少し成長しているし、ペラルタも色々な進展があるし、署長と99分署の親睦がだんだんと深まってチームになっていく過程などもうかがえる。回を追うごとにキャラ同士の関係性にも変化がたくさんあるし過去もわかってくるから、1話も見逃せない。

なにとは言わないけどエイミーがだんだんかわいく見えてきて仕方なくなる(かもしれない)。

見返すとまた面白い

これは1度見た観たひとにしかわからないのだけど。

シーズン1の第1話冒頭の会議室のシーン、見返すとセットが違うのか、以降まったく登場しない会議室になっている。2話以降は見慣れた会議室だけど途中まで部屋の前と後ろが逆だったりしていて、いつの間にか、ちまちまセットが変わったりしているのが伺えておもしろい。

とにかく見てほしい

海外ドラマか〜〜って思う人も騙されたと思って見てほしい。1話約20分程度で頭使わなくていい系なので見やすいと思う。

日本作品だとサラリーマンNEOの初期のころとか、時効警察とか好きな人はハマると思う。

書いてて思ったけどよしもと新喜劇も見方によればシットコムなので、日本人は案外こういうの結構好きなのではと思う。

ブルックリン・ナインナインを見た者同士でノールックハイタッチしたいので、みなさんもはやく見ましょう。

(ノールックハイタッチについては本編見ればわかります)

www.netflix.com

今日みたもの

暗闇で犬がめっちゃ光っていて面白かった。首輪まで光る時代なのかと思う。あらゆるプロダクトは最終的にLEDで光る運命にある。光る首輪を付けられた犬の気持ちとはいったい…

よくよく考えると冬になって夕方もう暗いから散歩のとき犬が光ってると安全なのかもしれない。


  • 自転車に乗りながら歌うおじさん

京都、自転車に乗りながら大声で歌う人間の生息率が異常に高い気がする。時代なのか住んでるエリアのせいなのか?

暗闇から声が聞こえてきてだんだん近づいてくるの、本人はいい気分かもしれないけどこっちとしては怖い。

全国どのエリアでも生息しているものなのかどうか気になっている。


  • コーヒー
    • 散歩ついでに
    • ブルーマウンテン
      • 久しぶりに飲んだ

カフェー

冬と戦う装備をさらす

すっかり冬になっていて寒いので冬のスキンケアグッズや防寒対策装備をさらす。

美容情報は体当たり的な経験とノリでやっていて確固たる知識・知見はないので、あくまでこういう感じという日記です。

スキンケア

スキンケアに関しては同様の趣旨の感じのこちらのブログを先日読んだ。

d.aereal.org

構成は似ているけど選択しているグッズは違っていておもしろかった。人の肌は人それぞれということがよくわかる。

それで自分は年中肌トラブルで、ウオー😭という感じなので病院で処方してもらっているものがあったりで参考にならないのもあるけど以下の感じでやっている。

化粧水(的なやつ)

病院でビーソフテンローションを処方してもらっている。ビーソフテンローションはヘパリン類似物質とかいうやつで、めっちゃ少量で保湿性がある。

【第2類医薬品】ピアソンHPローション 50g

【第2類医薬品】ピアソンHPローション 50g

一応Amazonにも類似のあるけど添加物がマックス。僕の処方してもらっているのは添加物がないので、そういうことだと思う。

あまり参考にならない情報。

乳液

乳液、前は肌研のヒアルロン酸使ってたけど今は使ってなくて、病院で粉ふいたような荒れが出たときに塗る軟膏をひどい時は塗っている。

これは参考にならない情報。

洗顔

ノブのアクネフォーム

ニキビできやすいのでずっとこれを使っている。ネットで箱買いしている。端的にいってわりと高い。

小久保 美容グッズ  洗顔用 泡立てネット ホイップ洗顔

小久保 美容グッズ 洗顔用 泡立てネット ホイップ洗顔

洗顔ネットはもちろん使う。洗顔ネット、色々あるけど結局のところ乾きやすさと使いやすさでリングが付いててただのネットである構造をしているこういうやつが一番いいと思う。なんかやたらとネットが重なっていたりスポンジが中に入ってたりとギミックが施されているやつがあるけど泡立ち対して変わらないし乾きにくい。

洗髪

以前はルベルのプロエディットFB

去年くらいからミルボンのインフェノムに変えた

髪、細くてくせ毛でコシがなくて少ないのでこれらを使っている。コスパで選んでいて、金を出せるならもっといいやつはあるけど青天井なのでほどほどでやっている。

トリートメントは諸事により最近使ってない。

石鹸(ボディーソープ)

ここ数年はずっと牛乳石鹸の青色か花王ホワイトのピンクのどっちかを使っている。

カウブランド石鹸 青箱バスサイズ135g*6個

カウブランド石鹸 青箱バスサイズ135g*6個

両方バスサイズがある。

お高めな天然無添加の固形石鹸も以前使ってたけど、体に関しては僕は無添加にしたところでいい変化特になかったので牛乳石鹸にした。牛乳石鹸花王ホワイトも洗浄力は結構強いので、少なめで洗う。

現実世界の人間にはCMのように体を泡だらけにして洗う必要はない。

スポンジよりボディタオル派で、肌が刺激に弱いので

マーナ やわ肌ボディタオル A942

マーナ やわ肌ボディタオル A942

こういうめっちゃやわらかいやつを適当に買って使っている。

そういえば昔はアレッポの石鹸(オリーブ石鹸)を使っていた。なぜか使うのをやめたのだった(高いくせに効果なかったのかもしれない)。

ボディクリーム

ニベアに落ち着いてしまった。もっといいのがあるかもしれないけどボディクリームに関してはあまり知見がない。ボディクリーム案外高いし青天井という雰囲気がある。

秋はノーマルのスキンミルク

ニベア スキンミルク クリーミィ 200g

ニベア スキンミルク クリーミィ 200g

冬はプレミアムのほう

ニベア プレミアム ボディミルク 200g

ニベア プレミアム ボディミルク 200g

体が濡れた状態で使う。具体的には風呂の中で体の水滴を半分くらいは残す感じで軽く拭いて、体に水滴が残ってる状態で塗る。ボディクリームが水滴でめっちゃ伸びるので5円玉大くらいの量で全身いける。

現実世界の人間にはCMみたいに大量のボディクリームで乾いた肌を塗る必要はない。

リップクリーム

どシンプルに近江兄弟社メンタームロート製薬メンソレータムXD。

色々使ったけどリップはあまり乾燥しない肌質なのでこれがベストということになった。ずっと使っている。安いし最高。素朴という感じがする。

ハンドクリーム

いろいろ使ったけど手に入れやすさとコスパでパックスナチュロンに落ち着いている。

パックスナチュロン ハンドクリーム 70g

パックスナチュロン ハンドクリーム 70g

伸びやすくてベタつきがあまりなくて、長持ちするので気に入っている、無香料なのもよい。これも素朴という感じがする。

ヒーティング

スキンケアじゃなくて防寒対策。

エアコンの暖房は年を明けるころまではなるべく付けないようにしていて、着込む&ブランケット&ヒーターでやりすごしている。

ヒーター

BRUNOのカーボンヒーター。ファンが付いていて温かいけど年々ファンのガーーという音がうるさくなっていて厳しい。

加湿器

エレクトロラックスのこれ。加熱式。

デザインで気にいって買ったけど掃除しにくいしフタしてると加熱式なのでフタに溜まった水滴が床に溢れたり製品の基盤部分に入ったりして最悪。そのうち壊れるかショートして火事になりそうなので、フタ付けずに上部開けっ放しで運用している……。いい加湿器が欲しい。

ブランケット

楽天でランキング上位にあるデカいのを適当に2枚買ってやっている。

たぶんこういうやつ。

ルームシューズ

今年は無印のルームシューズにした。

ルームシューズは毎年洗濯に失敗して捨てているので今年こそは洗濯成功していい加減に毎年買い換えるのをやめたい。

寝具

無印のベッドパッド+羽毛布団+毛布

寝具はなんとなく無印が強い気がしていて、無印で揃えている。

www.muji.net

このベッドパッドは暖かくて洗えてコロコロしても繊維がほとんど抜けなくて最高。

毛布は羽毛布団の下(内側)じゃなくて上に被せるのが実は正解という説がある。これはわりとマジなので真冬はそういう感じで睡眠している。

インナーとか部屋着はユニクロとかイオンとかの発熱繊維の適当なものでやっている。ヒート系繊維暖かくないし肌に良くないのでちゃんとしたアンダーウェア着ましょうねという説があるのは知っているけど、一般市民なので思考停止してなぜか着ている。今持っているやつボロくなったら徐々に移行していきたい。

足元はレッグウォーマーを履いている。足元を温めるのがなんだかんだで最強。人間はそういう風にできている…。

外出のときの服に関しては防寒性はとにかくアウトドア系のブランドがつよいけどファッション性が絡むとベストさというのは無限にある。ので各自よしなにするのがいい気がする。

ケトル

象印の保温のやつ使っていた。保温できるし便利だったけど一人暮らしだしそもそもヤカンで1杯20秒ほどで沸くのだからということで最近はヤカンに原点回帰した。

象印 電気ケトル  800ml  1時間90℃保温機能つき CK-AW08-TM

象印 電気ケトル 800ml 1時間90℃保温機能つき CK-AW08-TM

来客があるとか料理で一定量お湯が必要とかで保温する必要があるときは電気ケトル今も使っている。

普段はヤカンといってもコーヒードリップケトルで沸かしている。

HARIO (ハリオ) V60 ドリップケトル ヴォーノ コーヒードリップ 1200ml VKB-120HSV

HARIO (ハリオ) V60 ドリップケトル ヴォーノ コーヒードリップ 1200ml VKB-120HSV

布団乾燥機

相棒なので、冬は寝る前に布団を温めるのにも使っている。

日立 布団乾燥機 衣類・靴対応 マット不要 アッとドライ HFK-VH700 N

日立 布団乾燥機 衣類・靴対応 マット不要 アッとドライ HFK-VH700 N

電気アンカとかカイロとか低温やけどするから好きじゃなくて、湯たんぽは温めるのに時間がかかるから運用難しくて使ってない。

電気毛布はなんだか寝返りとかの負荷による断線が怖くて、持っていたけどこれも最近は使ってない。

結露

拭き取るしかない。

毎朝窓の結露を拭き取る。習慣化すると朝の体の運動を兼ねるようになってエンジンをかける作業みたいになる(とはいえ寒いのでやりたくはないのだが…)。


冬、年々厳しさが増している気がしていて、年々装備が増えている。

人間は寒いと活動が著しく低下するのによく現代まで文明が続いているなと思う…。現代になるにつれ冬がだんだん厳しくなっているのか、それとも我々が寒さに段々と弱くなっていっているのか…。一説には人間は服を着だしてからダメになった、寒さという概念を得てしまったみたいなものがあるので、そういう文脈でいくと我々が弱っていっているのかもしれない?

今年もなんとか冬を乗り切っていきたい。

近況

  • ファミマのプレミアム肉まんがおいしかった
  • 寒い
    • 例年より1ヶ月以上前倒しで防寒対策している