ヒトナツログ

最上階角部屋に住みたい

生存状況 powered by Pixela

ローディング中

2018年にもなってiPhone6なんて旧機種を使っている自分が悪いのだけど、とにかく動作が重くなってきていて、なにをするにもローディングに時間がかかってしまう。アプリを切り替えるにもモッサリしているし、バックグラウンドから戻ってきたらメモリ解放が行われてさっき立ち上げたばかりのアプリのスプラッシュスクリーンをまた眺めるなんてことになってしまう。

PCでブラウザでなんか見ていても、昨今は様々な読み込むものがあってデータ量もすごく多いのでコンテンツがすぐ表示されない。なのでひたすらローディングが終わるのを待ちぼうけすることになる。あと自分の回線が細いという問題もある。あまりにも遅いサイトは広告とかembedされてる外部コンテンツ読み込みのスクリプトなどで大抵ブロッキングが発生していてCDNからのコンテンツの読み込みが詰まってn十秒とかかかっている。

とはいえローディングで分単位ほどの時間はかからないのでこれまた難しい。いっそ分単位でかかるなら本読んだり皿洗ったり洗濯物干したりたたんだり野菜切ったり炒めたりできるけど、それらをやれるほどの時間はかからない。ローディング中に本読もうとしたとして、本を手にとって栞のとこを開いて行頭の数文字を読んだあたりで大抵ローディングは終わってしまう。皿洗おうとしたら台所に移動してスポンジ持ったあたりでローディングは終わっている。

あとローディングに時間がかかるかどうかはローディングが終わるまでわからないから判断をつけづらいというのもある。

どんな読み込みでも「絶対にこれだけの読み込み時間はかかります」というのがあるならそれを見越して行動できるけど、そうはなっていない。『ローディングに時間がかかってるな』と思った段階ですでに50%くらい進んでいる可能性がある。ので仮に読み込みに約20秒かかるコンテンツだったとして片手間に本読もうと判断した段階で残りは10秒程度というわけである。ただローディングは直線的に進むものでもないので残り5%でものすごく時間がかかる場合もある、だからローディング中になにかやるというのはうまくいかない。

そういうわけで結局ローディング中は為す術がなくてひたすら虚無の時間を過ごすしかない。スマホやPCを眺めたりして『曲線がキレイだな〜』とか『このキズいつ付いたんだっけな〜』とか『読み込みガンバレ〜』とか思うしかなくて人間はあまりにも無力…。

最近は『人間が人生でローディング中に損失した時間を総計したらいったい…』とか思ってしまった。考えるだけで恐ろしい。ローディング中に睡眠してローディングが終わったら起きるみたいな器用なことができれば人生は豊かになる気がしているけれど、人間はそうはできていない。


ここにローディングを用いた比喩表現を書いていましたがあまりにも虚しいので、消されました

俺たちのローディングとの戦いはこれからだ、ということです。