ヒトナツログ

最上階角部屋に住みたい

面談

目的は「最近どうですか」とか「現状どうですか」といった会話がしたいだけなのにそれを「◯月△日に1on1で面談したいのでご予定お願いします」とか「◯月△日にヒヤリングの場を設けます」と言うと、そういうつもりがなくてもその場で何かを成し遂げなければならないような雰囲気が出てしまう気がする。立場上で下になる人とか面談に誘われた側としてはなんだか一気にコミュニケーションのハードルが上がってしまうような気がする。かしこまった気持ちで対面せねばとか、気合いを入れて望まなければみたいな気持ちになる。『これは業務上でやらなければならないから設けられた場で、業務なんだな…』みたいな気持ちになってなんとなく萎縮する気がする。

親しい間柄とか気負わない間柄の友人同士であれば「久しぶりに会いたいんだけどいつ空いてる?」みたいな感じになるのだから、ラフに面談っぽいことをやりたいときは「最近時間を取って話してない気がするので久しぶりにお話しがしたいです!近々どうですか?」という切り出しかたのほうがマウント感がなくていいのでは?などと考えていた。

そもそも普段から雑になんでもかんでも会話をする雰囲気があれば、こんなことは考えなくていいはずでは、というのもある。