ヒトナツログ

最上階角部屋に住みたい

止まったり変わったりズレたりしている

f:id:hitonatsu:20171017134545j:plain
横になったときの景色です

コンクリ打ちっぱなしの部屋に住んでいるので横になって天井を見上げると無機質が襲ってくる。

かれこれ6年半ほど住んでいるけれど、これは引っ越してきた日からほぼ毎日みている景色でもある。6年半ずっと変わらない景色と考えると、ここだけ時間が止まっているような気がしてくる。時間が止まった部屋で過ごす自分に6年半の日にちに見合う成長はあったのかと考えると嘆かわしい気分になる。2011年、あの頃の自分が今の自分を見たとしたらどのように感じるだろうか。

以前にも引っ越したいと書いた気がするけど、結局は引っ越せていない。タイミングと引っ越し先が全然見当たらないのだ。自分はどこへ行けばよいのか。今のこの部屋はいい部屋だけれど不満はあるし、なんとなくどこか自分と合っているような合っていないような……そんな感覚がある。いや、もしかすると6年半のあいだに自分も部屋も案外変わってしまったのかもしれない。時間が止まったような部屋で過ごしていても互いに色々と変化しているのかもしれない。人間は難しいもので、対象と出会った時は合っていても時と共にすれ違ったり合わなくなったりするものである。

「そろそろ潮時かもね」なんて声がするような気がした。


先週からまるで梅雨どきかのように曇りと雨が続いているからかどうにも湿っぽい気持ちになる。

はやく晴れた気分になりたい。