読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトナツログ

移住しました。京都にいる。

ひるね姫みた

金曜夜に映画観れそうな体力と気持ちがあったので観にいった。

劇場、かなり空いていて最高だった。観る側の環境としては最高だけど客入りという観点で言えば公開1週目の最終の上映で考えると悲しい気がする。

感想です

結論からいうと個人的にはすごくよかったと思っていて、作品全体に粘っこい要素がなくて頭にするする入ってくる感じだった。舞台はSFファンタジーなのに毒気があんまりなくて、なんかデカいのが現れて確かに街がドチャってなるし巨大ロボも出て戦ってるんだけど、なんというか終始のほほんとしている雰囲気があって、見終わったあとも全然疲れない映画だった。見たあとに監督のインタビュー記事読んで知ったのだけど、「自分の娘に見せたい映画を」というところが原点らしくて、なるほどたしかにという感じ。SF作品と称するよりもおとぎばなしと称するほうがなんとなくしっくりくる気がする。

よかったシーン

一番印象に強かったシーン、正直ストーリーの本筋とは全然違うけど冒頭の朝にオムレツ作ってるとこで、フライパンに卵液流し入れるところ『なんだこれは…完璧すぎる……』と思った。最近みた調理シーンで一番すごかった。

背景の描画もかなりよくて、夏〜〜、星空〜〜、雲〜〜というのはもちろんのこと、街の看板とか部屋にある家具とか小物とかまでかなりびっちり作画されてて見ごたえがあった。ぜひみて欲しい、夏が待ち遠しくなる感じがある。

カートゥーンの雰囲気

あと「娘に見せたい映画」になるほどと思ったことのひとつに、カートゥーンアニメっぽい雰囲気がどこかあると思っていて、本作動く時はかなり動くのだけどモーションの慣性にところどころにコミカルでかわいい部分が見受けられた。

こういう雰囲気のモーション(これはディズニーのやつ) THE ILLUSION OF LIFE

作中音楽も緊張感のあるシーンはたしかにピンとした雰囲気の音楽だったけど、全体的にSFファンタジーっぽい大人な感じではなくて、子どもでも受け入れられるようなキラキラした雰囲気があった。

ロボットと夜空を舞う!神山健治監督作「ひるね姫」本編映像を独占入手 : 映画ニュース - 映画.com

Youtubeに上がってないけど劇中の背景とか動きの感じ一部ここの動画でみれる。

なんというか最近こういう雰囲気のアニメは案外なかったなと思っていて、最近のSFやファンタジーものだとめちゃくちゃに重い設定や深い心理描写があって見たあとどっと疲弊する、というのが多い気がする。でも本作は真逆でそういうのがなくてある意味で新鮮だった。めちゃくちゃデカい迫力がある音が出るとか、脳にガンっとくるシーンがあるとかそういう雰囲気ではないので、正直見終わったあとの刺激不足感はあると思うけど、家帰ってしばらくしてじわじわとあ〜よかったな〜〜ってなるタイプの作品だと思う。

トーリーの運びとかなんで急にそうなったとかタブレットが頑丈すぎるみたいなツッコミポイントはかなり多い作品だと思うけど、ファンタジーですよ?現実じゃあないんですから、、、というやつで、本作はそういう方面じゃない部分を感じて楽しんで欲しいというやつです。

世間のウケは正直そこまでよくないのだろうけど僕は非常に好きな作品だった。今のところ興味なかった人もよかったらみましょう。